KESがつなげてきたケーブルの総長10,000km

業務内容

KESの使命は電気を通すこと

私達の仕事は日本の電力を支えるいわば大動脈である超高圧の地中線ケーブルを繋いだり、古いものから新しいものに取り替えたり、点検したりすることです。
何万ボルト、何十万ボルトを送電しているケーブルを地下で繋げ、当社の職人達が電気を通すのです。

地中線ケーブルとは?
日本の電力を支える言わば大動脈が地中線ケーブルです。このケーブル作業を施工できる業者や人は意外と少ないのです。
架空線 (電柱や鉄塔などを使った空中を通る線)などに触れたり、近寄ったりすれば感電死もありえますが、地中線ケーブルは例え50万ボルトのケーブル自体に触れても感電しない優れものです。絶縁設計が用いられた最先端の集合体です。

株式会社KESイメージ


主な業務内容

ケーブル布設
電力工事会社民間工事
ケーブル布設
地下管路内、鉄塔立ち上げ、洞道布設等にケーブルを布設(入線)する工事です。
ケーブル接続
電力工事会社民間工事
ケーブル接続
長距離の布設をする場合、幾つかに分けたケーブルを接続する作業です。
ケーブル工事現場管理
電力工事会社民間工事
ケーブル工事現場管理
ケーブル工事の現場管理を弊社で請け負います。
各種検査
電力工事会社民間工事
各種検査
ケーブル布設に関する検査を弊社所有の検査車を使って検査します。
基本設計~施工計画
民間工事
基本設計~施工計画
施工に関する設計から施工まで弊社で請け負います。
海外にての技術指導
民間工事
海外にての技術指導
海外の国々で技術指導を行い、発展に努めます。